ヘルペスに効くとしてバルトレックスは多くの人に利用されています。正しい服用方法をして、治療や予防に努めましょう。

心配している男性とカプセル
公開履歴
    多色な薬

    帯状疱疹は身体に帯状に赤い発疹や水痘ができる病気です。
    強い痛みとかゆみが特徴で、長ければ完治までに1カ月もの期間が必要になります。
    この帯状発疹の原因となっているのがウイルスです。
    子どものころに水疱瘡にかかる人もたくさんいますが、この水疱瘡もウイルス感染によって引き起こされる病気で、症状が治まった後も原因となったウイルスは体内の神経節に残っています。
    ストレスや過労などの影響で身体の免疫力が低下すると、かつて水疱瘡を引き起こしたウイルスが再び活性化をはじめます。
    これが帯状疱疹の原因です。

    この帯状疱疹の治療に用いられているのがバルトレックスです。
    バルトレックスはヘルペスウイルスが原因で起こる口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの治療に使われていますが、ウイルスの増殖を抑える効果が高く、水疱瘡や帯状疱疹の薬としても有名です。
    ただしこのバルトレックスにはウイルスの増殖を抑える力はあっても、ウイルスそのものを根絶させる能力はありません。
    したがってウイルスが大量に増殖してしまう前に服用を始めなければ、さしたる効果を期待することができないのです。
    症状がでてから3日もたてば、ウイルスは劇的に増えてしまうとされています。
    少なくともそれより前の早い段階で、このバルトレックスを服用し始めることが重要です。

    通常、帯状疱疹の治療で用いられるバルトレックスは、1日3回、2錠ずつ服用することを求められます。
    基本的には毎食後の服用となります。
    安全性については問題ないとされている薬ですが、それでも頭痛や吐き気、下痢などの副作用がでることもあります。
    医師から指定された用法や用量をきちんと守って服用し、気になる副作用がでた場合は速やかに担当医に相談するようにしましょう。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        最近の投稿